第3回「G2全国ボートレース甲子園」売上109億円を記録!優勝は毒島誠選手!/丸亀

第3回「G2全国ボートレース甲子園」売上109億円を記録!優勝は毒島誠選手!/丸亀

7月12日ボートレース丸亀(丸亀競艇場)の12Rにて第3回「G2全国ボートレース甲子園」の優勝戦が開催。

今年優勝に輝いたのは毒島誠選手!勝因はエースモーター64号機によるものなのだとか。

さらに6日間の総売上は109億円超と目標を大きく上回った。レース内容を詳しく見ていこう。

「全国ボートレース甲子園」とは?

2019年初開催のG2競走。今年でまだ3回目であり、令和で一番最初に新設されたレースだ。

高校野球の夏の甲子園大会と同じように出身都道府県の代表レーサー47名が選出される。

優勝選手には賞金450万円とともにSGクラシックへの出場権が与えられるぞ。

第3回「全国ボートレース甲子園」の売上は109億円超!

6日間の総売上は109億1,216万500円と目標の100億円を大きく上回った。

  • 1日目:16億8,394万8,300円
  • 2日目:15億1,329万9,700円
  • 3日目:14億240万1,300円
  • 4日目:17億6,533万9,800円
  • 5日目:20億7,300万200円
  • 6日目:24億7,417万1,200円

初日から盛り上がりを見せていたが最終日は断トツで25万円近くを売り上げたぞ。

第3回「全国ボートレース甲子園」の売上は過去最高!前年比125.6%!

これまでの「全国ボートレース甲子園」の売上を見ていこう。

  • 2021年:109億1,216万500円
  • 2020年:86億8,596万6,000円
  • 2019年:62億9,253万3,300円

ご覧のとおり今年の売上は過去最高!年々売上を大きく伸ばしているぞ。

特に今年の優勝戦は熱かったからな。

第3回「全国ボートレース甲子園」優勝者は毒島誠選手!

第3回「全国ボートレース甲子園」優勝戦出走表

7月11日、最終日の12Rでの優勝戦に出走した選手は以下の6名。

  • 【1号艇】毒島 誠(群馬県代表)
  • 【2号艇】峰 竜太(佐賀県代表)
  • 【3号艇】太田 和美(奈良県代表)
  • 【4号艇】平高 奈菜(愛媛県代表)
  • 【5号艇】馬場 貴也(和歌山県代表)
  • 【6号艇】桐生 順平(福島県代表)

G2とは思えないほどの強豪揃いだな。

毒島誠選手はコンマ07のトップスタートを切り、華麗にイン逃げ優勝!2着に2コースから差した峰竜太選手、3着に道中で馬場貴也をさばいた太田和美選手。2番人気の「1-2-3」の結果に。

毒島誠選手にとって通算61回目の優勝となった。

毒島誠選手の勝因はエースモーター64号機!?

毒島誠選手は今節8回の出走中、6回の勝利を決めた。

  • 初日12R:1着(1コース)
  • 2日目5R:2着(4コース)
  • 2日目12R:1着(1コース)
  • 3日目9R:1着(5コース)
  • 4日目6R:3着(5コース)
  • 4日目11R:1着(3コース)
  • 5日目11R:1着(1コース)
  • 6日目12R:1着(1コース)

3コースや5コースからも1着を獲っている。

毒島誠選手が引いたエースモーター機64号機は本人も「選手人生で一番かも」と話すほどの実力だったのだとか。64号機は大会前時点で28戦連続2連対中と脅威の記録を叩き出していた。この記録は今節の4日目6Rで途切れるも32戦連続2連対という最高記録を更新した。

ちなみにこれまでの最高記録は27戦連続だったとのこと。

峰竜太選手、祝福の言葉を送る

峰竜太選手がTwitterに残したコメント

今回優勝戦で2着となった峰竜太選手は先日から更新再開した自身のTwitterにて毒島誠選手の写真とともに「次は倒すぜ。おめでとう」と闘争心を露わにするも祝福の言葉を送った。

フォロワー10万人達成ならず

丸亀終了までにTwitterのフォロワー数10万人の目標を掲げるも7月12日現在フォロワー数は25,200人と達成ならず…。

着実に増え続けているので今後のTwitterの更新を楽しみにしよう。

ケンティ
ケンティ
千葉県住みのフリーライター。悪徳競艇予想サイトを暴露したいがためにライターに。多数の予想サイトを利用し、1年で100万近く騙された過去があることから予想サイト撲滅運動を考えていたことも。競艇を見ることは今でも好き。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。

合わせて読みたい記事