【競艇】23期後期のボーダーラインが発表!勝率トップのボートレーサーは?

【競艇】23期後期のボーダーラインが発表!勝率トップのボートレーサーは?

競艇において選手の級別を決めるボーダーライン、その23年後期のボーダーラインが発表された。 適応自体は23年7月からのものになるが、こちらの23期後期の級別に関してを記事の中で解説させていただく。

また成績トップの選手や、上位のボートレーサーについても触れていこうと思う。

ボートレース23年後期の選手級別発表が発表された

強いボートレーサーを探る上で欠かせない「級別」

やあ、皆様如何お過ごしだろうか? 先日5月1日に日本モーターボート競走会から7月1日から12月31日まで適用となる23年後期の選手級別が発表された。

今回この記事ではこの級別発表について取り上げさせてもらう。 まず改めてこの適用がどういったものであるかを説明すると、各種級に分けられる際に必要となる目安であり、勝率を元に各級「A1級」「A2級」「B1級」「B2級」に分けられるようになるものだ。

また各級定数が決まっており、その定数は以下のようになっている。

  • A1級:20%
  • A2級:20%
  • B1級:50%
  • B2級:10%

上記の定員からそれぞれ選手の級別が割り出される。 そして話の本題だが、23年後期の各級のボーダーラインは以下のように発表された。

級別ボーダーライン人数
A16.16(-0.08)323人(-1人)
A25.42(+0.01)325人(-1人)
B12.01(+0.01)796人(-8人)
B2-160人(±0人)

前期のボーダーラインはこちらだ。 こちらは11月1日から4月30日までの物となる。

級別ボーダーライン人数
A16.24324人
A25.41326人
B12.00804人
B2-160人

こうして見てみるとあまり大きな推移は無いな。 ボートレーサー全体の人数としても1,614人→1,604人と、少々減少してしまったようだ。

23年前期勝率トップとなった選手につい

さて次に前期の勝率トップについても見ていこう。 まず先に結果から見ていくと、男子が「白井英治」選手、女子が「長嶋万記」選手という結果になった。

白井英治選手は勝率8.58と12年後期、16年後期に続いて3度目の勝率トップとまだまだその腕に磨きを掛けている様子。 長嶋万記選手も17年後期に続き2回目の勝率トップと、とても目覚ましい活躍だ。

今回で3度目の勝率トップを手にした白井選手

他にも目覚ましい活躍をしたA1級レーサーについても勝率順に何人か見ていこう。

順位登録番号選手名勝率
13897白井英治8.58
24320峰 竜太8.54
34320毒島 誠8.32
43941池田浩二8.13
54418茅原悠紀8.00
64831羽野直也7.86
74500山田康二7.81
84262馬場貴也7.73
94444桐生順平7.73
103573前本泰和7.73
114504前田将太7.72
123996秋山直之7.70
134362土屋智則7.68
143024西島義則7.64
153946赤岩善生7.63

ひとまずは15位までの上位選手をまとめてみたが…こうして見てみると、今回の勝率8越えは5名となっている。 やはり一定の勝率を超えるのは難しいのだろうな。

しかしこうしてみるとトップに名を連ねているのは錚々たる選手達が多いな。

級別の集計期間につい

そんな級別の集計期間は、主に年に2回行われている。 期間に関しては審査期間と適用期間の2つに分かれていて、少しややこしいものになっている。 というのも実は集計が終わった際に適用期間がすぐ適用されるわけではなく、以下のように少しずれての適用となるのだ。

集計期間適用期間
5月~10月1月~6月
11月~4月7月~12月

例えば5月〜10月の成績は年を跨いだ1月〜6月に適用されて、11月〜4月までの集計は7月〜12月に適用される。 大体2、3か月程開いての適用と考えると分かりやすいかもしれないな。

今回の級別発表で出された適応は、23年7月〜23年12月までの適用となる。

またこの集計期間間際は少しでも勝率を上げるためにと力を入れて走る選手も増える為、その点は留意しておいたほうが予想の上では役に立つ時もあるだろう。 24年1月からの審査は23年5月〜23年10月から適応されるので、10月手前の時期は少し注意して見てみると良いかもしれない。

また集計期間も半年というスパンがある分、選手の成長度合いを考えることも必要となる。 やはり適用開始直後に比べ、後半になるに連れて実力の開きが出てしまう選手はどうしてもいるからな。

勝負駆けをする選手は集中力を高めたり逆に焦ったりと、普段とは少し違う走りをすることもある

まとめ:23期後期の適用が7月から適用開始!勝率トップは白井英治選手

というわけで今回は23年後期の選手級別についてのニュースを取り上げさせて頂いた。 新たに選手達の級が更新され、級が上がった選手も入れば下がった選手もいるだろう。

レース自体には大きく響くことは無いだろうが、予想を立てる上でも情報が最新になったという事を考えると予想の精度は暫くの間高いものを使えそうだ。 そう考えると今後のレースが非常に楽しみになるな。 最後に軽く情報をまとめてから記事を締めさせていただく。

  • 23年後期のボーダーライン適応は23年7月から
  • 勝率トップは山口支部所属の白井英治選手
  • 勝率8越えの選手は5名

さて、それではまた次回の記事でお会いしよう。

予想にはあまり大きく響いては来ないけれど、物差しが更新されたといった感じでしょうか?

そうだな、あくまでも級別は目安として見ておくのが良いだろう

利用価値あり!悪質ではない競艇予想サイトをピックアップ!

記事を読んでくれてありがとう!最後に検証、無料予想、口コミの集計から利用価値があると判断された競艇予想サイトを3つほど紹介!
ここで紹介されているサイトは競艇予想サイトの中でもよく稼げるサイトだから予想サイトを使うなら絶対オススメだぞ!これから競艇予想をするのにぜひ役立てていただきたいサイトだ!

老舗サイトで高額プランが強い

皇艇

メールアドレス必須。5年以上運営しているので安心感はある。全体的にプランが高額だが強い。初回限定「八咫烏(ヤタガラス)」→「青龍」か「白虎」。「盾」「槍」「剣」はゴミなので買うな。無料はそれなり。

皇艇

老舗サイトで高額プランが強い

競艇予想サイト「皇艇」を再検証!!良コスパプラン「白虎」で払戻金558,980円の獲得に成功!

量産型のサイトのくせに無料は当たる

競艇ホットライン

良く見る量産型デザインの手抜きサイトなのだが、無料予想が恐ろしく当たる。登録特典が2万円分なのも太っ腹。一応中身は安全なので登録しても問題はナシ。

競艇ホットライン

量産型のサイトのくせに無料は当たる

競艇予想サイト「競艇ホットライン」は予想以外イマイチ?払戻金748,600円獲得したが使いやすさは微妙

かなりまともなサイトで論理的

プロ競艇ライズ(RISE)

LINEのみ。運営がしっかりしていて安心できる。出してくる予想が理論的でそれなりに当たる。無料は平均以上。重賞レースを地区別で買うのが良さげ。

プロ競艇ライズ(RISE)

かなりまともなサイトで論理的

競艇予想サイト「プロ競艇ライズ(RISE)」を検証したらテクニック炸裂で558,620円の払い戻し!

LdarS-ing
LdarS-ing
元々は特殊等別界隈の悪と戦っていました。
ある時友人に「競艇予想サイトに騙された」と泣きつかれた事をきっかけに競艇への介入を決定。
昔とった杵柄で、人を騙そうとする動きには敏感。
特撮とかヒーロ映画が好きです。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。

合わせて読みたい記事