競艇選手「江頭賢太」選手が闇金で金を借りた可能性!?ネット上で晒されプチ炎上中

競艇選手「江頭賢太」選手が闇金で金を借りた可能性!?ネット上で晒されプチ炎上中
ボートレーサーである「江頭賢太」選手が闇金業者から金を借りたという事で絶賛プチ炎上中となっている。
本人の問題なのでガッツリ叩かれたりしているわけではないが、ネット上に免許証と共に映った写真や住所・電話番号が公開されているのだ。
今回の情報についてや、この件でどういった処分が発生するのか、そして江頭選手本人についてを見ていく。

「江頭賢太」選手が闇金を利用し飛んだ事が発覚!個人情報が晒されて発覚

今回騒動の発端となった江頭選手
今回騒動の発端となった江頭選手

長崎支部に所属している競艇選手、「江頭賢太」選手。
そんな江頭選手だが、ここ最近で騒がれる事態となり2024年現在絶賛渦中の人となっている。

――なんと「借りパク詐欺師」として闇金業者に晒されていたのだ。

競艇選手がこういった闇金関連で晒されたのは今回が初めてかもしれませんね。

発覚のきっかけとなったのはXに投稿されたとあるユーザーのポストだ。
そのポストにいくつかメンションも付いていた。

`B2やから金ないんやろーな、、、`

`住所迄晒されるのはキツイですね……`

などと「何やってるんだ」といった声などが多く見られた。
擁護のポストなども無いわけでもなかったが、行間を読む限りはチョケのようなものだろう。

また闇金業者の手口として、身分証明書と一緒に写真を送らせるというものがある。
これは借用者が飛んだ時の為の保険として良く用いる手段の一つ。
実際に飛んでしまった場合はこうしてネットに晒されてしまうという寸法だ。

江頭選手だけではなく、一般の方も色々な人が晒されているようだ。

江頭選手もそうして借りたまま飛んでしまったがためにこうしてネットに晒されてしまったのだろう。
借りた額などは不明となっているが、闇金はそもそも既に消費者金融などで満額借りていたりする負債者が利用する。
そう考えるとかなりの額の借金があるのだろう。

ボートレーサーという職業は通常以上に稼げる職業ではあるが、それはある程度勝てている選手ならばの話だ。
江頭選手の戦績としては、まだ一度も優勝できていなかったり1着数もそこまで多くない選手だ。

特に2023年は136出走中8回しか1着を取れていない。
2022年は162出走中22回2021年は151出走中22回だった事を考えると、急に落ち込んでしまったわけだ。
今見れば借金によって疲弊していたのかもしれないな。

江頭選手はどんな選手

  • 登録番号:4855
  • 生年月日:1996/01/20
  • 身長:170cm
  • 体重:55kg
  • 血液型:O型
  • 支部:長崎
  • 出身地:長崎県
  • 登録期:115期
  • 級別:B2級

江頭選手は長崎支部に所属しているボートレーサーで、登録期は115期の2014年11月デビューだ。
10年目として考えると、実力は少し低めだな。
また同期となる115期の選手には、「野中 一平」選手や「豊田 健士郎」選手を初めとした選手が存在している。
江頭選手の師匠となっているのは下條雄太郎選手だ。

また江頭選手の趣味は競輪と言われていて、おそらくはそれで首が回らなくなったのでは?という推察も出ていた。
例の八百長事件に関わった西川元選手と一緒に競輪場に行ったりもしたことがあるようなので、その方面でも何かしらあったのかもしれないな。

色々と黒い噂も絶えないが、真実は闇の中である。

今回の件にはあまり関係は無さそうですが、付き合いがあったということを考えると少し考えさせられますね。

今回の件でどのような動きがありそう?

少なくとも今回の件に関してはボートレース業界という括りではなく江頭選手本人の問題である。
選手本人にもボートレース業界にもある程度のマイナスイメージが付いてしまうのは間違いないが、これによって処分が発生するかどうかはまだ不明だ。

密やかに噂されているのは、闇金に脅されて八百長へ手を出してしまう可能性……。
だが八百長は行う選手側にも実力が必要となる。
そういった意味では江頭選手はある意味安心だろう。

江頭選手が何かしら違反行為を行ったというわけではないので引退処分などは無いだろうが、競艇がギャンブルである以上闇金のイメージが付いてしまうのはかなり危ない。
ボートレース協会の動きにも注意していきたい。

今回の件はあくまでも個人レベルの話ではあるので、特にお咎め無しで終わる可能性もあるな。

追記:真相が発覚?江頭選手が引っかかったのは「先払い買い取り」である可能性

また追加で情報が発覚した。
最初に江頭選手が晒されている事を見つけたZ李さん(@ShinjukuSokai)が、追加の情報をポストしていたのだ。

「江頭の返済を代わりにしてやるから闇金のやつは連絡してこい」と投稿をした所、見事に闇金のバイトが釣れたようで、江頭選手の別角度写真を持っていたりしたため本物だと確信したようだ。
そして連絡を取ったことによって、今回の件で江頭選手が利用したのは「先払い買い取り」である事が分かったのだとか。

「先払い買い取り」というのは、近年用いられている新しい商品売買を利用した詐欺の形式だ。
利用者が「買い取り商品(スマホやブランド品など)」の写真を業者に見せる事によって、業者は利用者に先払いとして金を振り込む。
その後は買い取り商品の発送に入るわけだが、業者側はあの手この手で商品発送をキャンセルさせようとしてくる。
仮に商品を発送して業者に届いたとしても「商品が届かない」等の理由をつけてくる事もある。
こうしてキャンセルをさせる事によって、高額なキャンセル料+先払いで払った金額の返金をさせるというシステムになっている。

つまりは現金は得られず違約金だけが押し付けられる、という事か……。

金融庁からの注意喚起
金融庁からの注意喚起

我々としてはこの情報に関して実際の真偽を確かめる術はないが、もしも本当だとするならば江頭選手は被害者と言えるだろう。

危険性がかなり高いので、注意しておきましょう。

まとめ:江頭選手はギャンブル好きが昂じて「先払い買い取り」で現金化を試みた可能性が高い

というわけで今回は「江頭賢太」選手の闇金騒動についてをまとめた。
改めて今回の騒動についてまとめてみよう。

  • 江頭選手は競輪を趣味にしており、かつては西川元選手と競輪場に赴いたりもしていた
  • 今回の件で処分が発生するかは不明
  • 江頭選手が手を出したのは詐欺の一種である「先払い買い取り」であるとの情報も出ている

江頭選手が詐欺にあったのか、あるいはこの情報は間違いで実際に闇金から金を借りているのか。
その真偽はまだ不明だが、どちらにせよ今回イメージという側面でかなりのダメージを負ってしまった江頭選手。
更生して心機一転するのか、このまま変わらないのか……今後の動きにも注目していこう。

どういう形で決着が着くのだろうか……。

LdarS-ing
LdarS-ing
元々は特殊等別界隈の悪と戦っていました。
ある時友人に「競艇予想サイトに騙された」と泣きつかれた事をきっかけに競艇への介入を決定。
昔とった杵柄で、人を騙そうとする動きには敏感。
特撮とかヒーロ映画が好きです。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。

合わせて読みたい記事