ボートレース界の黒い噂5選を紹介!決して明かされない真実!

ボートレース界の黒い噂5選を紹介!決して明かされない真実!

どの業界でも決して公にされてこなかった真実というのが存在するが、ボートレース界にも黒い噂と呼ばれるタブーな内容が存在する。

本記事では、ボートレース界の黒い噂を5つほど詳しく紹介していく

約70年という長い歴史から見ても、特にヤバイ内容だから全部読み終わって時には、他のボートレースファンに話したくなるような内容となっている。

では早速、見ていくとしよう!

ボートレース界の黒い噂5選

黒い噂5選を紹介

ボートレース界には、触れることすらタブーとされている黒い噂がある。いわゆるボートレース界の汚点とも呼ぶべき内容だ。では、これまでどんな黒い噂が存在したのか。早速、見ていくとしよう!

どの業界にも黒い噂というのはつきものだから、当然ボートレース界にも存在するだろうな!

これからボートレースの黒い噂を大暴露していくとしよう!

レース中の宿舎では不倫や夜の関係が頻繁に行われている

宿舎の過ごし方が過激

まずは、ボートレーサー同士が宿舎で、夜の関係が頻繁に行われているという黒い噂だ

皆が知る通り、レース中は宿舎に泊まることがほとんどで、通信機器が禁止されているから、ボートレースファンに情報があまり入ってこないことでも知られている。

最近では、YouTubeや制作番組で宿舎の過ごし方をボートレーサーが話しているが、あまり突っ込んだ話をしていない。

それもそのはず。公にできないようなやましい話が裏にはあるからだ

基本的に、男性レーサーからレース前や食事中に誘うことが多いらしいが、誘い文句としては下記の通りである。

  • 今日〇〇〇号室の部屋で待っているからね
  • ターンやスタートダッシュの秘訣について教えるよ
  • こういったところをもっとうまくやれば勝てるから教えるよ
  • ボートやモーターの整備について教えるから今日空いていない?

基本的には男性のB級レーサーは誘っても相手にされないから、A級レーサーから誘うことが多い

一方で、女性レーサーもA級レーサーと仲良くなって、経験や技術を盗んだり付き合ったりしたいという願望もあるから、誘われてついていくことも多いようだ。

真相は調べても解明するのは難しいが、本当だとしたら男性ボートレーサーがキャバクラや風俗に行く話がないというのも頷ける

ちなみ、ボートレース界は不倫が多く離婚率が高いことでも有名だ

男女のスポーツ選手が同じ宿舎だと、よくこういった話題が持ち上げられるから、ボートレーサーも例外じゃなさそうだな

こちらからは調査するのが難しいから、ボートレーサーからボロが出ないかしっかり確認していくとしよう

ボートレース界でも共演NGが存在する

ボートレース界に存在する共演NG

芸能界では、あることがきっかけに不仲になり、共演NGになったという噂が流れているが、厳しい環境に身を置いているボートレース界でも例外ではない

不仲で共演NGと噂されている選手は下記の通りだ。

  • 松井繁×原田幸哉
  • 野中和夫×三嶌誠二
  • 武田光史×石田政吾
  • 山崎智也×秋山直之

ネットでも噂になったが、松井繁と原田幸哉は話す機会がないだけで、おそらく仲が悪いわけではないだろう。

松井繁を敵に回せば、今のボートレース界で生きていくのが難しいからだ。

また、女性ボートレーサーの噂はそこまでネットに載っていないが、昔はいじめや派閥があり、徳島のあるベテランレーサーが引退したことで減ったようだ

厳しい勝負の世界だからこそ、こういったぶつかり合いは今後も避けられないだろう。

元々、上下関係が厳しい世界だから不仲になることは少ないと言われている!ただ、同期で不仲になることはあるみたいだな

ある言葉や態度がきっかけで、不仲になることが多いのである!

ボートレーサーが薬物を所持している

ボートレースで薬物が蔓延している

ボートレースCMなどで、年々知名度が高くなっているボートレース界にも薬物の噂が広まっている

噂が広まっている1つ目の要因は、芸能界の人間がボートレース界に度々進出するようになったということだ。

芸能界を通じて、薬物が提供されるということは珍しいことではないし、ボートレース界にもその影響があるのではないかと噂されている

2つ目の要因としては、JRAで薬物やドーピングによる問題が多発していることだ。

今のところ、騎手による薬物の使用は発見されていないが、もしかしたら使用している可能性があり、JRAで起きていることはボートレース界でも起きる可能性がある。

なぜなら、持続化給付金によるコロナ不正受給も競馬界で見つかってから、ボートレース界でも見つかっているからだ

薬物を使っても成績に直結するわけではなさそうだから、軽い好奇心でやってしまうレーサーもいるかもしれないな

こういった悪影響のものをボートレース界に持ち込まないように、暴食団や半グレ集団の入場を堅くお断りしているのだろう!

すでにヤクザや半グレ集団が参入している

ヤクザや半グレ集団との関り

この噂はあまり信じたくない内容だが、近年ヤクザや半グレ集団は、すでにボートレース界に参入しているのではないかという噂がある。

その噂が決定的になったのが、ボートレースびわこの制作番組の入札ミスだ。

今まで、ボートレース界では会社の情報確認を怠るということがあり得なかった。

しかし、会社情報を確認していなかった会社が、ボートレース界の仕事を委託されていたのである。

西川昌希氏の一件で、ボートレース界とヤクザとの関係に注目が集まったが、もうすでにヤクザや半グレ集団が参入している可能性は否定できない

たしかに、この間の入札ミスはあまりにも不可解な点が多かったよな

情報を確認せずに委託するというのは本来あってはならないから、もしかしたらボートレース界に内通者がいるかもしれない!

未解決の八百長事件が数多く存在する

未だ存在する八百長問題

これはもはや噂ではなく、確定事項と言えるだろうし、ボートレースの長い歴史が八百長をしていたことの証明になっている

ボートレース史に残る八百長事件は下記の通りである。

  • 尼崎先頭艇失速事件
  • 西川昌希の八百長事件
  • 児島競艇場の騒擾事件
  • 大村競艇場集団八百長事件
  • 江戸川競艇職員舟券購入事件

これ以外にも、八百長と疑われている事件は数多く存在する。

ちなみに、幽霊ボート事件も八百長による暴動を阻止するために、ボートレースの関係者が作った話とも言われている

これだけ多くの八百長が確認されているにもかかわらず、ボートレース界に八百長がなくなったとは到底考えにくい。

近い将来、八百長に関与したとして逮捕されるボートレーサーやボートレース関係者が増えるのは時間の問題だろう

たしかに、半世紀以上続く八百長問題が西川昌希氏の一件で、なくなったというのは考えにくいな!

様々なレースを見れば分かるが、八百長と思われるレースが多くあるから、是非摘発してほしいものだ

ボートレース界ではまだまだ黒い噂が多く存在する

今回は、ボートレース界の黒い噂について紹介したが、まだ多くの黒い噂が存在する。

個人的な話も含めたら、数え切れないほどあるだろう。

しかし、まだ全て証明されたわけでないから今後も調査を行い、いつかその醜態を大暴露するから楽しみにしていてくれ

真相が明らかになった時は、早く暴露したくてウズウズしそうだな!

今後もボートレース界の黒い噂を調べていくとしよう!

筋肉チワワ
筋肉チワワ
平成生まれで湘南住みの疑り深い辛口ライター。競艇初心者の時に「常昇社グループ」の競艇予想サイトに騙され、それ以降は悪徳競艇予想サイトの撲滅を目的に活動中。
同じ被害者で出ないように他の批評サイトよりも詳しい情報を心がけて情報を提供。昔からあだ名は筋肉チワワ。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。

合わせて読みたい記事