ボートレーサー峰竜太の「レターパック事件」を徹底解説!果たして解決したのか?

ボートレーサー峰竜太の「レターパック事件」を徹底解説!果たして解決したのか?

みんなは峰竜太の「レターパック事件」をご存知だろうか。

峰が自身のYouTubeで公開した「レターパック懸賞」がなんと、現金化・個人情報・環境問題に発展しそうであり、インターネット上ではさまざまな憶測が飛び交っている。

今回はその事件を一から解説するぞ!解決されたのかも注目だ!

レターパック事件について

峰竜太って?

問題に入る前に、まずは峰竜太選手について簡単におさらいしようか!

イケメンレーサー峰竜太
  • 生年月日:1985年3月30日
  • 出身:佐賀県
  • 身長:173cm
  • 体重:52kg
  • SG優勝:5回
  • 通算勝率:7.13

デビューから22走目で勝利を果たし、1年後には初優勝、その翌年には最優秀新人選手として表彰されるなど、輝かしい功績を持った選手だ!

2018年は獲得賞金が2億円を突破し、賞金王にも輝いているぞ。

大人気芸人の千鳥・大悟さんがTV番組・相席食堂で「4カドの峰は峰なんよ」と言い放ち、このフレーズでお茶の間にも知られる有名選手だ!

ことの発端は?

そんな峰選手はファンサービスに力を入れていることで知られており、2021年11月5日に自身のYouTubeチャンネル「峰竜太ボートレースch」にて100人に対しレターパック懸賞なるキャンペーンを実施したんだ!

内容は以下のようなものだ

  • 峰選手のサイン入りグッズを100人に抽選でプレゼントする
  • しかし、無料でプレゼントすると転売ヤーが出現する(過去に事例あり)
  • そのため、自身の住所を記載したレターパックを峰選手の事務所に送った人の中から抽選を行う

当たらないかもしれないが、送料分となるレターパック代金が必要になることで、転売ヤーが気軽に参加するのを防ぐという魂胆だな。

ちなみにレターパックというのは、日本郵便に配達をしてもらえる封筒のようなもののことで、レターパックプラス(520円)とレターパックライト(370円)の2種類があるな。

しかし、そこに対してさまざまな方面から心配・批判の声が上がったんだ。

転売対策もできていて良さそうですが、問題はどこにあるんでしょうか?

なぜ問題になった?

レターパックは換金が可能

レターパックの実物

今回の重要なポイントは「レターパックは換金が可能」という点だ!

え〜っ!そんなことができるんですか?

そう、レターパックは金券ショップや、オークション・フリマサービスで現金化することができるんだ。

金券ショップであれば、新品未使用のものは90%前後と、高い水準で買い取ってもらうことができるぞ。

また、住所を書いていたとしても、郵便局窓口で手数料41円を支払うことで、新品のレターパックに交換ができるとのことだ。

なんだか新手のお金の稼ぎ方みたいだな

レターパックでいくら儲けられる?

ここでは峰選手がこんなことをするわけがない前提で、実際に行われた場合どの程度の金額になるのか調べてみた。

視聴者がレターパックプラス(520円)を送る場合だと、峰選手の下に届くレターパックは41円で新品に変えられるよな。

それを金券ショップで90%の価格で買い取ってもらえると仮定すると、「520円×0.9-41円=427円」で一つのレターパックプラスが届くごとに約427円儲かると言うことだ。

そして、応募者から100人分はレターパックを返送するため、応募者と儲けられる金額は以下のような数値になるな!

  • 応募者が500人の場合:400個×427円=17万800円
  • 応募者が1000人の場合:900個×427円=38万4,300円
  • 応募者が5000人の場合:4,900個×427円=209万2,300円
  • 応募者が10,000人の場合:9900個×427円=422万7,300円
  • 応募者が20,000人の場合:19900個×427円=849万9,730円

これだけ稼げることになるんだ!!

まあ、もちろん峰さんがこんなことをするわけがないのは前提だぞ!

こんな遠回りで面倒なずる賢いことをしなくても、十分なほどに稼げているからな。

しかし、これが悪用されればこんなことになる可能性もあると考えると十分に注意が必要なことがわかる。

うわ〜こんなにお金が手に入っちゃうんですね!すごく面倒くさそうだけど…

SNSやインターネット上での反応は?

インターネット上では今回の企画を喜んで受け入れるファンが大勢いたようだ!

しかしその中で批判的な人たちもいる。

ここではその批判の一部を紹介しよう。

YouTubeコメントでは

YouTuber上でのコメント①
YouTuber上でのコメント②
YouTuber上でのコメント③
  • 本当にレターパック廃棄するのかな?持続化給付金の件もあるし…
  • 落選した人のレターパックを捨てるときはシュレッダーにかけてくださいね!
  • SDGsがこれだけ浸透してきている中で廃棄以外の方法で有効活用できればいいのですが。

といったような意見が寄せられたようだ。

視聴者は主に「レターパックの現金化」「個人情報の削除」「SDGsの流れの中での環境対策」の3点を懸念しているな!

正直、あれだけお金を稼いでる峰竜太がこれで金を稼ごうとしている、と思う視聴者の方は少ないとは思う。

しかし、自分の住所を記載して送ることや、資源の無駄になりかねない、と言う点では個人情報や環境問題の点については配慮すべきだったかもしれないな!

やはり有名人になるとこういった問題はシビアに取り上げられるな。

Twitter上では

Twitter上でのコメント①
Twitter上でのコメント②
Twitter上でのコメント③
  • レターパック使ったセコい換金しようとしてて草
  • 今回の問題はハズレならハズレで送り返さないと
  • 「ブルーインパルス 池田浩二」「ホワイトシャーク 白井英治」「レターパック 峰竜太」

Twitterでは批判的な声がより多く、「レターパック」でいじる人も現れたぞ。

問題点はやはり似たような点だったが、直接峰選手に対して弁明してくださいとツイートを送る人も多く見られたな。

これらのようにインターネット上で多くの波紋を呼ぶ問題となってしまったようだ。

この後はどうなっちゃうんですかね?

峰竜太の太っ腹な発想で大解決!?

11月8日午後8時前に、峰選手のTwitterが更新された。

峰竜太が更新したツイート

「100名当選プレゼント企画じゃなくて、応募者全員当選にしたよ

みんなの不安やストレスなんか俺が吹き飛ばしてやるよ

今日の消印までで送ってくれた全ての人を当選にする!

これで何も文句ねーだろアンチのバカども

炎上までも大サプライズにしてこそスーパースターでしょ

#応募者全員当選」

なんと、100名の抽選だったものが、応募してくれた人は全員当選という形に変更したのだ!

これでレターパックが無駄になることもなく、儲けようとするどころか、より多くの人にプレゼントを送るということをやってみせた。

これに対してTwitter上での反応は

峰竜太への反応①
峰竜太への反応②
峰竜太への反応③
  • アンチ見たかっ!これがスーパースター峰竜太のやり方や!
  • マジっすか!全員当選とかやばいw
  • 流石スーパースター!!型や器に収まるスケールじゃない

と大盛り上がりを見せた。

初めは、100名ですらグッズの準備や連絡などが大変だと言っていたのにまさかこんな風に乗り越えるとは、まさに逆境をチャンスにしてみせた峰選手!流石としか言いようがない!

まとめ:峰竜太のレターパック事件は、峰の機転の利いた発想で大解決!

いかがだっただろうか。

初めは何が問題なのか、と思う程度だったが、意外と個人情報や環境問題など多くの影響を引き起こしそうな峰選手のレターパック事件。

しかし、最終的には峰選手の臨機応変で太っ腹な対応で難を逃れた!

ボートレースだけでなく、やはりファン対応も一流な様子が伺えたな!

何よりこの事件が大きな問題にならなくてよかった!

では、また次の解説で会おう。

ねいちゃー
ねいちゃー
基本的に常識も何もかも疑ってかかる性格なので、競艇予想サイトももちろん例外ではない。慎重すぎるがゆえ色々とあまり前に進まない。好きなものは自然。なぜなら自然は裏切らないから。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。

合わせて読みたい記事