競艇(ボートレース)含む公営競技では多数の人気タレントをCMに起用!ギャラ・裏側に密着!

競艇(ボートレース)含む公営競技では多数の人気タレントをCMに起用!ギャラ・裏側に密着!

競艇(ボートレース)を始め、昨今の公営競技では旬の人気タレントをCMに起用することが多い。

芸能事務所、公営競技の運営サイド双方にメリットがあるようだ。

ギャラは他のCMよりも高額!?さらに記事ではボートレース大村の広告塔として炎上した宮迫博之の件も触れていくぞ。

公営競技の広告塔人気タレント!

以下は公営競技の広告塔として起用されている主な人気タレント達だ。

【競馬】

松坂桃李、柳楽優弥、高畑充希、土屋太鳳、中村倫也、賀来賢人、大谷亮平

【ボートレース】

渡辺直美、田中圭

中村倫也、賀来賢人、大谷亮平はこの4月に始まった東京シティ競馬のCMに出演しているな。

公営競技は「イメージアップ」を狙うために好感度が高い人気タレントを起用する傾向があるようだ。

CM出演を断らないのはギャラが高いから!?

「ギャンブル」のCMということで出演オファーを断るタレントも少なくはないようだ。

しかし、その分ギャラは他のCMより高いと某広告関係者は語る。

とにかく“ギャランティー”がいいんです! 

田中圭さんでいうと、CMや大きなレースのプレゼンター、イベント出演などを合わせると年間で数千万円は支払われていると思います。

人気タレントが公営ギャンブルのCMにどんどん出演するようになり、昔と比べ確実に参入のハードルは下がっています。

今の時代、芸能事務所にとってはとても割のいい仕事なんですよ。

ギャラが高くて公営競技のイメージが向上するのであれば双方にとって大きなメリットになるわけだな。

この不況の中、高いギャラを払ってくれてイメージアップしている公営競技の仕事を断る方が古いという風潮のようだ。

むしろ自ら売り込んでいる芸能事務所も多いのだとか。

特にJRAに対して売り込む芸能事務所が多く、オファーが来たら断ることは少ないそうだ。

CMに出演した多くのタレントはレース場でのトークイベントに参加!

公営競技のCMに出演したタレントの多くはレース場でのトークイベントなどに駆り出されることが多い。

2019年にボートレース多摩川で行われたトークショーに田中圭が登場した際は会場に700人もの女性ファンが駆け付けたそうだ。

レース場にタレントのファンを呼び寄せることができるため、レースの運営サイドはイベント出演をかなり重要視している。

イベント出演を断るタレントも!?

レース場のような客層に慣れていないことからイベントに出演したくないと考えるタレントも中にはいる

2017年度の東京シティ競馬のCMにローラとオリエンタルラジオが出演。

しかし、大井競馬場で行われた「トゥインクルレース」の開幕記念イベントに登場したのはオリエンタルラジオの2人のみ。

ローラの姿はそこにはなかった。ローラはイベントの出演オファーを断った模様。

ローラ目当ての集客を期待していた競馬場の運営サイドとしては相当ガッカリしただろうな。

ボートレース大村の広告塔として炎上した宮迫博之!ギャラは動画3本で2,000万円!

大村市が宮迫博之に2,000万円で動画制作をオファー!

大村市がボートレース大村の宣伝のために、雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネルに動画制作をオファー。

その報酬が動画3本で2,000万円と高額すぎるとして2021年3月下旬に炎上。

もっとクリーンなイメージのタレントでもこの10分の1くらいの報酬の案件だからだ。

ネット広告事情に疎い大村市側が、代理店に騙されたと言っても過言ではなさそうだ。

宮迫博之は2019年に詐欺グループのパーティーにて金銭を授受するという「闇営業」が発覚し吉本興業との契約を解消。

現在は主にYouTuberとして活動し、テレビにはいまだ復帰できていないため市民からすれば「クリーン」とは言い難い。

宮迫騒動はまだまだ収まらない…

宮迫出演の宣伝動画の内容は!?

宣伝動画の内容は宮迫とYouTuberのヒカルが大村のレースで50万円ずつ賭けるといったもの。

この動画を見たボートレースファンはこう嘆く。

宮迫さんがボートレースの知識がないというのは仕方ないとしても、ただ大金を賭けているだけで、ボートレースの魅力を伝えることはまったくできていない。

これを見た人がボートレースをやってみようとは思わないですよ。宣伝効果ゼロです。

この問題については大村市議会でも議題となっており、騒動がまだまだ収まらなさそうだ。

新たな情報が入り次第、お知らせするぞ!

ケンティ
ケンティ
千葉県住みのフリーライター。悪徳競艇予想サイトを暴露したいがためにライターに。多数の予想サイトを利用し、1年で100万近く騙された過去があることから予想サイト撲滅運動を考えていたことも。競艇を見ることは今でも好き。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。