SG「第24回チャレンジカップ」が多摩川で11月23日から開催!ボートレース多摩川(多摩川競艇場)で勝つために必要な知識とは!?

SG「第24回チャレンジカップ」が多摩川で11月23日から開催!ボートレース多摩川(多摩川競艇場)で勝つために必要な知識とは!?

SG「第24回チャレンジカップ」が2021年11月23日(火)~11月28日(日)にボートレース多摩川(多摩川競艇場)で開催される。

この記事では、SG「チャレンジカップ」の「概要・注目選手」やボートレース多摩川(多摩川競艇場)の特徴・勝つために必要な知識を紹介していく!

SG「チャレンジカップ(チャレンジカップ競走)」とは

SG「第24回チャレンジカップ」

SG「チャレンジカップ」とは、その年の最後のSG競走であるSG「グランプリ」、およびそのシリーズ戦への出場をかけた最終トライアル競走という位置づけである。

1998年から、「競艇王チャレンジカップ競走」の名称で創設され、2010年の第13回より現在の「チャレンジカップ」の名称になり、最も新しく作られたSG競走だ。

10月末までの獲得賞金上位者が出場し、このレースで良い成績をあげた場合に、SG「グランプリ」の出場権が獲得できる可能性がある。

また、2014年の第17回から平行開催となったG2「レディースチャレンジカップ」は、その年最後のPG1「クイーンズクライマックス」への最終トライアル競走という位置づけ。

つまり、この年の覇者を決めるSG「グランプリ」への大注目の前哨戦だ!

「SG第24回チャレンジカップ・G2第8回レディースチャレンジカップ」の概要

今年の開催地・日程をまとめた。

  • 【開催地】ボートレース多摩川(多摩川競艇場)
  • 【日程】11月23日(火)~11月28日(日)
  • 【優勝賞金】
  • SG「チャレンジカップ」:3,300万円
  • G2「レディースチャレンジカップ」:450万円

8月の「ボートレースメモリアル」、10月の「ボートレースダービー」同様、今回のSG「第24回チャレンジカップ」も新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点により、東京都在住の方のみを対象とした事前抽選による入場制限がある。

さらに、当日は当選された方とその同伴者のみの入場だから、気を付けてほしい。

このままだと、年末の「グランプリ」も入場制限があるんだろうか・・・。 また、生でレースを見る事が出来る日がくるといいな!

「SG第24回チャレンジカップ・G2第8回レディースチャレンジカップ」の出場資格

SG「チャレンジカップ」の出場資格は以下の通り。

  • 【SGチャレンジカップ】
  • 2021年1月1日~10月31日までの獲得賞金上位34名
  • 【G2レディースチャレンジカップ】
  • 2021年1月1日~10月31日までの賞金獲得上位20名

また、選出除外の条件は以下の通り。

  • 前回(前年)の本競走から開催年のボートレースダービー優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手
  • 開催年のグランドチャンピオンから、開催年のボートレースダービーの準優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手
  • 褒賞懲戒規定による出場停止処分を受けた選手(斡旋保留処分を受けている選手は要件を満たしていても除外)

SG「第24回チャレンジカップ」の注目選手

ここでは、「SG第24回チャレンジカップ・G2第8回レディースチャレンジカップ」に出場予定の注目選手を紹介していく。

正直、誰が注目と言われても全員注目だと言えるほどレベルの高いメンバーだ! その中でも、特に気になる選手を見ていこう。

注目選手:平本真之選手

SG「第68回ボートレースダービー」の覇者
  • 登録番号:4337
  • 生年月日:1984年5月5日
  • 身長:160cm
  • 体重:55kg
  • 血液型:A型
  • 支部:愛知
  • 出身地:愛知県
  • 登録期:96期
  • 級別:A1級
賞金ランキング2位・平本真之選手

10月26日に開催されたSG「第68回ボートレースダービー」の覇者。

SG「第68回ボートレースダービー」4日目11Rは、2マークで飛んでしまったものの全レース安定した走りを見せ優勝。

現在獲得賞金ランキングは2位で、1位の峰 竜太選手とは2000万円差、3位の濱野谷憲吾選手・4位の原田幸哉選手とはおよそ、700万~900万差。

この勢いで突っ走っていただきたい!

ボートレース多摩川(多摩川競艇場)の出走回数は少ない上、勝率も5.71とあまり高くないので、他選手と比べて慣れていない中どう走ってくれるかが見物。

注目選手:峰 竜太

今年度賞金王最有力候補
  • 登録番号:4320
  • 生年月日:1985年3月30日
  • 身長:173cm
  • 体重:51kg
  • 血液型:B型
  • 支部:佐賀
  • 出身地:佐賀県
  • 登録期:95期
  • 級別:A1級
賞金ランキング首位・峰竜太選手

10月のSG「第68回ボートレースダービー」は優出、現在勝率は8.17、2連対率59.80%、3連対率76.37%と圧倒的な成績で現在獲得賞金ランキング首位。

直近のSG「第68回ボートレースダービー」では、「こんなターン、峰竜太選手しか出来ないんじゃないか!?」と思わせてくれるようなターンを幾つもしていて、改めて度肝を抜かれた。

間違いなく、「チャレンジカップ」も上位に来て、今大会も凄い走りを見せてくれるだろうと本当に期待している!

G2「第8回レディースチャレンジカップ」注目選手:遠藤エミ選手

名実共にトップ女性ボートレーサー
  • 登録番号:4502
  • 生年月日:1988年2月19日
  • 身長:154cm
  • 体重:45kg
  • 血液型:A型
  • 支部:滋賀
  • 出身地:滋賀県
  • 登録期:102期
  • 級別:A1級
女性賞金ランキング首位。遠藤エミ選手

G2「第8回レディースチャレンジカップ」の出場選手からは遠藤エミ選手を紹介しておこう。

女性ボートレーサー獲得賞金ランキング首位、全体40位。

今年絶好調、8月のレディースチャンピオンを予選、1・1・2・1・1・1着で通過し、準優、優勝戦を勝ち、8戦7勝で見事初優勝!

名実共に女王として、女性ボートレーサートップとして今大会出場。

SG「チャレンジカップ」については、予備選手としての登録になるので、結果として他の選手の不幸を願ってしまう事になるのだが、レディース初のSG制覇が見たかった・・・。

ボートレース多摩川(多摩川競艇場)の特徴・攻略

開催場であるボートレース多摩川

SG「第24回チャレンジカップ」の舞台となるのは、ボートレース多摩川(多摩川競艇場)だ。

予想する上で、開催場の特徴を知る事が大事なので、紹介していく。

ボートレース多摩川の知識をしっかりと頭に入れて勝負だ!

日本一の静水面

バックストレッチには防風林、コース周りは樹木やスタンドで囲まれていて、風の影響が非常に少ない。

さらには、淡水で波もなく水面が穏やかで安定している事から、ボートレース多摩川(多摩川競艇場)は、日本一の静水面と言われている。

1マークのバックストレッチ側が広く、全速ターンでスピード戦になりやすいというのも特徴だ。

そのためか、「1コースのイン逃げ率が52%ほど」と全国平均より低めで、まくられやすいコースとも言われている。

必見!モーター性能

穏やかな水面でスピード勝負になる以上、選手の実力やモーターの性能が物を言う。

公式サイトにあるモーターピックアップ評価

SG「第24回チャレンジカップ」の公式サイトには、モーターの評価も載っている。

参考にしてみるといい。

また、公式サイトの「直前情報」や「展示航走」は必ずチェックする事。 特に「周回展示」のボートの暴れ具合などは、確認するといい。

まとめ:SG「第24回チャレンジカップ」は年末の大一番に向けた激熱の前哨戦!

ボートレース多摩川(多摩川競艇場)は、1コース1着予想を信頼出来ず、選手の能力、モーターの機力を把握した上で挑まないと厳しいボートレース場(競艇場)だ。

直前まで「展示航走」を見たうえで、予想していこう!

公式サイトにある豊富なコンテンツ

画像の通り、公式サイトには様々なコンテンツがある。

「キャンペーン」も盛りだくさん、「出場選手」やモーターの「ピックアップ評価」、予想なども書かれているので、こちらも楽しめる要素になっている。 公式サイトもしっかりチェックしていこう!

ボートレース多摩川・平和島で電話投票やインターネット投票を行った場合、キャッシュバックキャンペーンがある!要チェックだ。

「チャレンジカップ」は、「グランプリ」出場をかけて、大逆転を狙っている選手も多いから、全レース大注目のハイレベルな戦いだ!

ゆうた
ゆうた
昔からインターネットをやってたせいか、妙に疑り深い辛口ライター。
プライベートで競艇予想サイトを使った事はないが、競艇予想サイトが新しく作られるたびに粗を探し、闇を暴く。
趣味はブラウジング。

掲載の内容はあくまでもライター独自の見解であり、その正確性・再現性を当サイトでは保証いたしかねます。

合わせて読みたい記事